ロックダウン

日本でも東京ですか、外出自粛要請がこの週末にあるそうで。
色々見ておりますと、私の第一印象ですけど、

「そうか、日本って今も、通常営業モードだったんだな」

と。
友人からは在宅ワークなんて話も聞いていたので、結構な巣篭もりモードになってた印象だったんですね。
思い込みは良くないね。

フィリピンのセブ州、とくにセブ市はといえば、2020年3月28日の正午から、
ロックダウン状態になる可能性が高いです。
(注意!真夜中って話もあり、だとするとうっかりね、明日の昼に出かけないようにせねば。)

可能性が高い・・・ってなに?もう明日だけど?みたいな。
まぁ状況は日々刻々と変わっておりますので、要観察ですね。

さてやはり私も気になりますので、ネットで情報を収集しておりますが、
「ロックダウンになるか、ならないか」「ついにロックダウン確定か!?」
みたいなノリですね、皆さん。
ロックダウンという言葉だけが前面にでておりまして、実際どうなんだろうと。

なにせ初めての経験ですからね。
これは、政府側も含めて。
混乱は避けられないでしょう。
これまた十分に、いつでも動ける準備を整えつつ、
落ち着いて情報収集しながら、平時同様にまったり過ごす、が良さそうですね。

今のところの情報では、「食糧・水といった生活必需品の購入、医療に関わる必要」のための外出はOK、
みたいですが、セブ在住の邦人にとって結構大きなのが、公共交通機関の停止ですね。
タクシー使えないのはいささか不便かもしれません。
食材背負って、コンドミニアムまでの細い道を歩きたくはないでしょう(防犯的に)。
まぁそれは平時も言えることですけどね。

あとはいくつかの地域で停電があるようで、
これはVECO(電気会社)のFacebook(こういうのをFBで知るってのがもう、フィリピンだよねぇ)にありましたね。

さて本日は3月27日、去年の3月27日は、私日本に帰っていたんですね。
Googleがご丁寧にも教えてくれて。
こういうのないと忘れちゃうもんね。

地元の海に行って、
バンクシーっぽい落書きを見つけて(グラフティというのか?)撮影したのも去年の今日でした。
情報が遅れていたら恥ずかしいのですが、ここ最近ってなんかバンクシーをテーマにした雑誌とか、
目にしたので、バンクシー展とかあったのかな?
周期的にブームがくる気もするし、どうなんだろう。
この落書きも、真贋が話題になったみたいですよ。

いやー、・・・どう思います?
無いでしょう。
完全にうろおぼえですが、このオリジナルのモチーフって、
なにか、「壁があるけど風船だけは越えていく」みたいな、そんなのだったような。

・・・この壁の向こう、漁港だからね。
この漁港で取れたイワシでもって、ここまで大きく育ちました。
ありがとう。
ありがとう。
千葉の魚は美味しんぼ。(これ知ってる人がいたら奇跡)