ミニマリスト

コロナで長いこと外出もままならない状況のセブ市。
さて日本への帰国のチャンスがあったらどうか?と問われると、
まぁ今のところ、私の場合は帰るという選択肢はなさそうです。
行きは良い良いで、帰国したら最後、今度はいつセブに帰ってこれるんだか、
という話でして。

そりゃ仕事の都合もありますが、誰のせいという問題でもなく自分で決めたことですので、しぶとく過ごしたいと思います。

とはいえですね、いつ何が起きても良いように、荷物はまとめてます。
「外国人は3日以内に退去しろ」「どこどこに移りなさい」
とか急に来ても慌てないように、ま、そんな仰々しいものではなく、部屋の掃除も兼ねてって感じで気軽に。

いいもんですね、すっきりするというのは。

そもそも、来たときはスーツケース 1つ、バックパック1つだったわけですから、
まー数年かけて、ものの増えたことといったら!

表題のミニマリストじゃないですが、私のような海外滞在者こそ、それこそ身軽であることも必要というか、ベターなスタイルですよね。

今って、ポジティブに考えると、「ものが入ってこない状態」なわけです。
入ってくるのは、食材といった消耗品だけ。
「買えるけど、我慢する」とは違い、ボーナスステージみたいなもので、
部屋デトックス、ライフスタイルのデトックスのチャンスですねぇ。

やはりもっとこう、この宇宙基地もスマートに行きたいものですな。