オーバースペックこそロマン

セブのECQ状態は相変わらず。
現時点では2020年4月28日まで続く見込みだそうです。
気の長い話で。

引き続き、有事に備えて準備は整えつつ、
平常心でいつも通りに過ごしたいと思います。

平常心ということで趣味の話。

「映像研には手を出すな!」のコミックを読んでいたら、
ヒロインの浅草さんというお嬢さんがですね、どこかで見たようなバッグを背負っていらっしゃる。

これ、私も愛用している、
5.11(ファイブイレブン)のラッシュって言う、軍用のバックパックのシリーズっぽいなぁと。
いやぁ、良いご趣味で。

収容量によって3種類ありまして、ラッシュ12、ラッシュ24、ラッシュ72と。
これ容量のリッターではなくて、
12時間の作戦活動向け、
24時間の作戦活動向け、
72時間の作戦活動向け、という、ね、熱いでしょう。
実際の容量は、それぞれ24リットル、33リットル、55リットルです。

浅草さんが背負っているのは、どうでしょう、おそらくラッシュ12でしょうね。
私のはラッシュ24。
24時間戦えますか?No!ですけどね。

まー日常生活で使う分には、ラッシュ12で十分です。
私の場合、これを台湾で買ったんですけど、
https://www.ottgear.com/en
あれです、「店頭で見ると小さく見える」現象(テレビ買う時あるある)で思わずラッシュ24を選んでしまいましたね。
さすがにラッシュ72はね、でかいですよ。
背負ったら亀仙人みたいになりますから。
ミュータントタートルズでもハンマーブロスでも良いですけど。

使用感ですが、さすが軍用。
タフですし、防水性も申し分なしと、そういう類の信頼感はあります。
ただ頑丈さとのトレードオフか、ちょっと硬くて、重い。
重さ、ゴツさを頼もしいと思える、
「Gショックケータイ(懐かし)が刺さった方」にはピッタリでしょう。

ベルクロのメスがついてますから、ここにワッペンを貼ったりしてカスタマイズするのも妙。
使い道のないポケットとか、使い道のない容量とか、
やっぱね、オーバースペックってロマンですからね。

セブっぽい話としては、この5.11、
SMシーサイドにもお店があるんです。
ECQが明けて、新型ウイルスも落ち着く日が来たら、また訪問したいですね。

通行手形の必要な生活

ECQパスまだかなぁ、と楽しみに待っております。
告知通りであれば、今日か明日には手元に届くはずですが、果たして。

それにしても今回はですね、
街の様子を見に行くわけにもいきませんけれども、
家にいるだけで、結構シビアな状況を感じることができます。

サイレンというのかな、そういうのが聞こえたり、
窓から外をみると、バランガイのパトロールカーが巡回していたり。
(ビサヤ語だから何言ってるか分からないんだなこれが)

自分ら外国人は、謙虚に大人しく過ごしたいものです。
「大丈夫大丈夫、言葉分からないフリすればスルーできるから」
というワケにはいきませんよね。

どうもITパークの方は、割と緩い感じとも聞きますけど、
これも「コンドミニアムのガードさんが言ってた」とか、そんなレベルですからね。

せっかくの機会なので、とりあえず立ち上げたこのブログのデザイン周りとかを、
ちょっとづつ変えていこうと思います。

思えば立ち上げた時は、よもやこんな日記になるとは思いもしませんでした。

元々は、趣味のイラスト何かをアーカイブするブログにするはずだったのに・・・

今日の画像は、1月とかですかね、同僚と食事に行った時のもの。
AABBQですね。

フィリピンあるある。

みんなで食事に行くと、やたらスープ頼みがち。
で、頼んどいて、あまり飲まないという。(持って帰れないのにさ(笑))

さておき、
またいずれ、こうやってまた仲間と食事する機会がありますように。

強化されたコミュニティ検疫(ECQ)

寝て起きたら、セブ市のロックダウンが始まってました。

一部、「月曜からだ」なんて話もありますが、情報の錯綜というより、セブ州とセブ市の混同が原因かな?とも思います。
安全策を取るのであれば、「もう始まってる」で心構えておけば間違い無いですからね。

さて、 一応便宜上「ロックダウン」とは表現していますが、
実際には「ENHANCED COMMUNITY QUARANTINE (強化されたコミュニティ検疫)」という状態というのが行政側の見解ですね。

違いは何なのさ?ということで自分なりにソースを超(意)訳。
このニッチなページに辿り着ける方でしたら、ご自分でソースを見つけることもできるでしょうから、正式な内容はそちらを参照ください。
一応本文の最後に、ソースを文字起こししたものは書いておきますね。
以下、あくまで、私の現時点での理解、みたいなものとして見ていただければ。

COMMUNITY QUARANTINE 「コミュニティ検疫」
(限定された範囲で、通常生活可。公共交通機関も動くよ)

ENHANCED COMMUNITY QUARANTINE 「強化されたコミュニティ検疫」 【今ココ】
(隔離策を実施するため、実施警官や軍人が配備されるよ。公共交通機関は止まるよ)

LOCKDOWN 「ロックダウン」
(家にいなさい。配給、もしくは一家につき一名、食料や必需品を近所に調達にでかけてヨシ!)

まぁ、で、行政曰くこのECQだというんですけど、
ECQパスってのが市から支給されるんですって。
「市から」ですからね。
「バランガイから」のものは、たぶん正式なものではないです。
(ここ数日、Facebookで流れてた「Yeah!バランガイホールでQUARANTINEパスゲットしたぜー!」な投稿群は果たして・・・空振りなのか?!)

それがないと、例の如く罰金とか、繰り返したら逮捕なのでしょうかね。
4月1日のそうですね、0時から(ってかその時間そもそも外出できないけど)かな?
この、「パスなきゃ外出NGよ」が強化されるみたいでですね、
それは構わないのですが・・・あと数日でちゃんとホントに配布されるのかしら、という懸念は消せませんね。
行政側も頑張ってくれている中で、あまり急かしたくもないので、
「1週間2週間は缶詰上等(ダブルミーニング)!」な気持ちでどっしりと構えたいと思います。

さて、FacebookやTwitterやニュースで情報はどんどんアップデートされてるんですけど、
一つだけ言わせてください。

なんで画像なの?pdfじゃダメなの?

いろいろな指示・告知とかがほとんど、画像なんですよ。
そうなるとね、コピペできないもんで、Googleでサクッと翻訳!がしにくい。
そんな文字起こし、面倒ですよね。
テキストベースで提供して欲しいものですが、繰り返しになりますが、
行政も今大変な時ですから、自分のひと手間で解決できる問題は、解決しましょう。

そう、OCR(画像からの文字起こし)。
手順はコチラ。

0:Googleにアカウント登録します
 →まぁまずほとんどの方がgmailお持ちですよね?なのでクリア
1:Googleドライブに画像をアップロードします
 →Googleで「Googleドライブ」って検索して出てきたリンクに遷移したら、あとはだいたいわかるはずです
2:アップした画像に対して、右クリック→「アプリで開く>Googleドキュメント」を選択します
 →開いたページの画像の下にスクロールすると文字起こしされてますね

これだけ。
すごいねGoogle。
ありがとうGoogle。

以下、検疫ステージのソースです。
ソースと言いながら、SNSで回ってきたものでソース元は分からないのですが。

COMMUNITY QUARANTINE
Individuals can freely go outside their homes, do your job, public transpo won’t stop as well as other basic services. Your movement though is confined only within the designated Community or Area to
avoid spreading virus to other cities/province.

ENHANCED COMMUNITY QUARANTINE
Transportation will be suspended, provision for food and essential health services shall be regulated and heightened presence of uniformed personnel to enforce quarantine procedures will be implemented.

LOCKDOWN
Everyone is mandated to stay at home.
The Government will provide all the basic needs.
Relief goods will be brought to every house or one household member is allowed to go out to buy food and necessities in the neighborhood establishment.

ロックダウン

日本でも東京ですか、外出自粛要請がこの週末にあるそうで。
色々見ておりますと、私の第一印象ですけど、

「そうか、日本って今も、通常営業モードだったんだな」

と。
友人からは在宅ワークなんて話も聞いていたので、結構な巣篭もりモードになってた印象だったんですね。
思い込みは良くないね。

フィリピンのセブ州、とくにセブ市はといえば、2020年3月28日の正午から、
ロックダウン状態になる可能性が高いです。
(注意!真夜中って話もあり、だとするとうっかりね、明日の昼に出かけないようにせねば。)

可能性が高い・・・ってなに?もう明日だけど?みたいな。
まぁ状況は日々刻々と変わっておりますので、要観察ですね。

さてやはり私も気になりますので、ネットで情報を収集しておりますが、
「ロックダウンになるか、ならないか」「ついにロックダウン確定か!?」
みたいなノリですね、皆さん。
ロックダウンという言葉だけが前面にでておりまして、実際どうなんだろうと。

なにせ初めての経験ですからね。
これは、政府側も含めて。
混乱は避けられないでしょう。
これまた十分に、いつでも動ける準備を整えつつ、
落ち着いて情報収集しながら、平時同様にまったり過ごす、が良さそうですね。

今のところの情報では、「食糧・水といった生活必需品の購入、医療に関わる必要」のための外出はOK、
みたいですが、セブ在住の邦人にとって結構大きなのが、公共交通機関の停止ですね。
タクシー使えないのはいささか不便かもしれません。
食材背負って、コンドミニアムまでの細い道を歩きたくはないでしょう(防犯的に)。
まぁそれは平時も言えることですけどね。

あとはいくつかの地域で停電があるようで、
これはVECO(電気会社)のFacebook(こういうのをFBで知るってのがもう、フィリピンだよねぇ)にありましたね。

さて本日は3月27日、去年の3月27日は、私日本に帰っていたんですね。
Googleがご丁寧にも教えてくれて。
こういうのないと忘れちゃうもんね。

地元の海に行って、
バンクシーっぽい落書きを見つけて(グラフティというのか?)撮影したのも去年の今日でした。
情報が遅れていたら恥ずかしいのですが、ここ最近ってなんかバンクシーをテーマにした雑誌とか、
目にしたので、バンクシー展とかあったのかな?
周期的にブームがくる気もするし、どうなんだろう。
この落書きも、真贋が話題になったみたいですよ。

いやー、・・・どう思います?
無いでしょう。
完全にうろおぼえですが、このオリジナルのモチーフって、
なにか、「壁があるけど風船だけは越えていく」みたいな、そんなのだったような。

・・・この壁の向こう、漁港だからね。
この漁港で取れたイワシでもって、ここまで大きく育ちました。
ありがとう。
ありがとう。
千葉の魚は美味しんぼ。(これ知ってる人がいたら奇跡)

近況の記録

さてやはり、避けては通れませんね、新型コロナウイルスと海外生活との関係性。
このページの閲覧者はわずか数名であることは、
私の希望に反してGoogleさんが正直に教えてくれるのですが、
そんなわけで情報の提供という面よりは、自身の記録として、残しておきましょう。

もうすでに滞在国がフィリピンであることには触れておりましたが、
細かい地域は言っておりませんでしたね。

セブ島って、知ってます?

いや知ってるって、ですよね。
そこです。
南国リゾートってイメージが強いかもしれませんね。
私はどちらかというと街場の方ですね、山の方というか、
まぁとにかく、青い空!白い雲!サンゴ!トロピカルフィッシュ!
・・・というような所ではなく、
なんでしょう、ちょっとごちゃごちゃしてる、「セブ市」の方です。

でですね、
コロナの影響でもって、もうこのセブ市もロックダウン秒読みって感じなんですよね。
ここに至るまでに、徐々にまぁ色々と制限が増えておる状況ではありますが、
何とか生きてます。
地味にスーパーも夜6時だの7時だのに閉まったり、
そもそも外出していいのが朝5時から夜8時までだったり(破ると罰金!繰り返すと逮捕という)、ちょっと生きづらい状況ですが。

さぁどうなることやら。

一部のブログやツイッターを見ると、悲観的なというか、刺激的な言葉も並んでいます。
治安の悪化とか、暴動とか。

それを言ったら、毎週銃で撃たれて亡くなってる人がいる地域ですから、
治安という意味ではね、どうなのでしょう。
ただ油断はできませんよ、実際。

耳に新しい方もいらっしゃるかもしれませんが、
現地の日本人会が手配した臨時便で帰国する人も少なくなかったですからね。
留学に来たはいいけれど、肝心の学校が休校、どうしようもなく・・・という方の他にも、
この「治安」を理由に帰国された方もぼちぼちいたようです。

なにせ毎日政府(とくにセブ州の知事)が新しいルールを出して「んじゃ明日からやっから」ですからね。
そういう意味では確かに、どう転ぶことやら、予想もつきませんが、
いつかまた日常が戻る日を願い、今や店も営業中止でもって食べられなくなった美味な料理たちの画像で、
なんとなくしめて見る、と。

この麺はベトナムとかのやつでしょうかね。店の名前も長いこと通ってますが、実際なんて読むんだか。「ワットポー」とかかな?

コロナ騒動の前はね、24時間営業の力強い深夜の味方だったのですが・・・

肩書きの大切さ

もう散々「ペソ」とか言ってしまったので今更ですが、
フィリピンに住んでおります。

このスナックがですね、
ビスケット?クラッカー?でチョコを挟んだようなものなのですが、
安く手に入るんですね。

味は、美味しいです。
塩気があって。

で、先入観なしに食べると、私が感じる限りは「パイの実」みたいな味なんですね。
誤解を恐れずにいえば、
クラッカーの部分がボッソボソなんです。(不味くはないんですよ)

これをビスケットやクッキーと言った気持ちで見ると、「うーむ」、
ただしパイとして見れば、「美味しいじゃない」。

やはり肩書きというものは大切ですね、という話でした。

まぁこんなものばかり間食しておりますと、
お腹も気になってきますよね。

少し控えなければいけません。
絶賛若作りにチャレンジ中です。

なにぶん常夏の島。
服で誤魔化すにも限度がありますからね。

バイク免許事情

こちらでバイクに乗りたかったら、免許はどうなるのか?

そもそも論で言えば正直な話、安全性の面であまりお勧めはできません。

・・・が、まぁ近所に買い物に行く、ですとか、ちょっとした足に使いたい場合ですね。

「東南アジアの小さな島だもん、免許なんていらないでしょ?」

と思われる方もいるかも知れません。

事実、現地の人の中には、ノーヘル、3人乗りや4人乗り、

ナンバープレートなし(ダンボールなんてパターンも!)で乗っている姿を良く目にします。

まぁトラックの荷台に人を乗せて運ぶ国ですからね。

とはいえ、我々は外国人ですから、無用なトラブルを避けるためにも、

運転免許や車両登録、保険の辺りはしっかりやっておくべきだと私は考えます。

今日は、運転免許の話。

まず一番シンプルなのは、「国際運転免許証」ですね。

私もこちらに来て数年は、コレでした。

ただ取得された方はご存知だと思いますが、有効期間が1年なんですよね。短い。

なので盆正月の帰国のタイミングで、都度都度、

地元の免許センターで更新してました。

まぁこの国際免許証はですね、手間やコストの面はさておき、

「こっちのポリス、国際免許証って知ってんのかな?」

という不安が常に付いて回っていたんですねぇ。

「そんなの知らねぇ、なんだこのインチキ日本人は、バキューン!」

とか、無いとは言い切れませんからね。

(こんな表現、日本の方が見たら、この国を馬鹿にしてる、見下してると思われるかも知れません。

・・・が、この国で数年生活された方ならニュアンスを感じ取っていただけるはず)

ということで、現地の正式な運転免許証を取得しよう、と。

この国では、日本の運転免許を書き換えることで、案外と簡単に取得可能です。

(日本の運転免許証をお持ちでない方は、

こちらでゼロから取ることもできるのでしょうが、ちょっとその方法は分からないですね)

普通自動車の運転免許さえ持っていれば、

大型バイクも乗れちゃうのが魅力ですね。

日本では、普通自動車の運転免許に、原付の免許がセットになっていますよね。

で、この国はというと「バイクの免許」という区分だけで、排気量の区分が無いんですね。

したがって、原付=バイク乗れる=排気量上限なしというカラクリのようです。

こちらの小排気量のバイクって、小さいものでも100ccくらいからなんです。

115ccとか125ccとかね、そんな感じ。

これだと、日本では小型バイクのカテゴリになって、

普通の自動車免許だけでは乗れないですもんね。

とまぁそんな話でした。

ちなみにバイクの価格ですが、

小型のバイクは日本と同じか安いかだと思います。

スクーターだと7万ペソか8万ペソで良いのが買えるんじゃ無いですかね。

日本円にしたら2.5倍くらいにするとまぁ20万円くらいか。

今日の教訓は、

この国この国と言ってますが、「ペソ」とか言ってる時点で隠せてないよね、と。

さて、近所で見かけた、カタナっぽいデザインのスクーター。

色とか、このシャープな感じとか、良いですね。

新カタナ、最初はやっぱりね、「うーん」と思いましたが、

だんだんアリな気がしてきました。

というか旧カタナと並べてみると、なんだろな、スタイリッシュですね。

調理の閾値

カップラーメンを作るのは調理か?

という話題がありまして、

ヤカンでお湯を沸かすのだって十分調理だぞ、と主張していたのですが、

ついにその答えが明らかになる日が来てしまいました。

カップヌードルの蓋にハッキリと書いてあります。

調理不要!

熱湯を注ぐだけ!

AH・・・

当のカップヌードル本人にそう言われてしまったら、

私などはもう素直に受け入れるしかありません。

付け入る隙なし。

「料理〜?するよ〜。ま、カップラーメンのお湯を沸かすくらいだけどね」

という何千、何万回と日本各所で繰り返されてきたであろうネタに、

一応の決着というお話でした。

ゼンマイ式の缶開け

コンビーフ。


おつまみ用ですね。

マヨネーズと醤油で和えるだけで十分美味しい優れもの。

こちらではこの、ゼンマイみたいなのでキリキリと缶を開けるタイプでは、

このブランドしか私は見たことがないですね。

この方式って、なんて言うんだろう。

せっかく記事にするんだからと、Wikiでコンビーフを調べましたが、

残念ながら答えは見つかりませんでした。


ただ新情報として、

私のお気に入りのこのコンビーフ、アメリカのリビー社製だとわかりました。

このゼンマイ式の開け方も、1875年にリビー社が発明。

日本でも、ノザキのコンビーフが、もうゼンマイ式ではなくなるみたいですね。

そりゃ日本のことですから、もっと開けやすい、KAIZENされた方式になることでしょう。

楽しみです。

今度帰国した時にはトライできるかな?

そんなわけでゼンマイで開けられるのに、

なぜに十徳ナイフもセットかというとですね、

缶の側面に書いてあったんですな。

「まず、缶の頭に穴を開けてください」と。

ゼンマイで開けても、真空状態だと中身が取り出せないから、っていうプッチンプリンの要領ですね。

そこでこいつの登場、

十徳ナイフの大御所、ビクトリノックスです。

これは「キャンパー」というモデル。

「山と食欲と私」ともコラボしてますので是非。

この写真に写ってる「リーマー」っていういわゆる「穴あけ」機能なんですが、

見た目に反して「スッ」と缶に穴をあけてくれるのが素晴らしい。

上から叩いてポツンッ!って感じではなく、本当に「スッ」って感じなところがお気に入りです。

アフィリエイトをやっていたらここで商品のページでもバーンと出したいところですが、

今のところはやっていないので、ただ純粋に、お勧めしておきます。

たぶん日本でも数千円ではないでしょうか。

「山と食欲と私」コラボモデル欲しいわ。

最後に一言。

例えばこのキャンパー、公式には「14種類の機能」と謳われていますが、

キーリングもそのうちの一つにカウントするのって、どうなんでしょう。

ただの輪っかですよ。

実質「13機能じゃない?」みたいな・・・

いや、その考え方ではセンスがあるとは言えないな。

このキーリングも、その登場以前に比べたら画期的なものだったのかも。

「今までバッグかポケットに入れるしかなかったでしょう」

「でもこれからは、カラビナにでも通して腰からぶら下げることもできますよ」

「すげぇ新機能だ!コロンブスの卵だ!」

大絶賛、大合唱。

そんな想像をめぐらすのも、ロマンじゃないですか。

海外における上級国民

新日本プロレス大阪城大会ですねー。

IWGPヘビー&IWGPインターコンチのダブルタイトルマッチ。

対戦を実現するためのアプローチに関しては賛否両論あると思いますが、

ネバー無差別を失った選手が、失ったその当日にあのアクション。

あれから1ヶ月、このストーリーの着地点が気になりますね。

楽しみです。

さて今日は、ここ最近の身近な話題。


市長の娘のボーイフレンドが、車で通学する際に、

渋滞を避けるために自分の車にサイレン灯を勝手に装着してオラオラ通学という。

漫画なら、ありそうなシチュエーションですよね。こち亀とか。

こんなことがね、現実に起きたんです。

今、私が住んでいるこの国で。

きっかけはこの手にありがちな、インスタからのフェイフブック経由で拡散。

ペナルティは罰金と、一年間の学生ライセンス剥奪だそうで(え、退学じゃないの!?)。

ちなみに罰金の金額は日本円にして2万円以下だったんじゃないかなと記憶してます。

勝手な憶測ですけどね、この彼、たぶん悪いことをしてる認識より、

「すごいこと思いついちゃったぞ!僕って頭イイ!」

って気持ちの方が強かったんじゃないかなと。

裏技を発見したファミコン小僧が友達に自慢する、あの感じ。

救急車が後ろから追い越してくると、

ラッキーとばかりにその後ろをフォローするライダーばかりの国ですから、さもありなん。

私的に気になったのは、市長のこのコメントです。

要旨ですけど、こんなことを言ってくれたんですね。



「たとえそれが親しい関係者だろうが、罪を容認することはしない」

そんな「当たり前」のことがわざわざ公式コメントになる。

そのこと自体が皮肉にも、そうではないケースがまかり通ってきた(そして現在進行形でもある)この国の歴史を表しているのではないかと考えるのは邪推でしょうか。

「上級国民」のような表現をネットで目にする機会が増えましたけど、

人間の根っこってのは海を隔てても同じようなもんなのかもしれません。