はじめてのおうち

No Man’s Sky(ノーマンズスカイ)プレイ日記。

この手のゲームは、自分で楽しみを見つけないと、とたんにつまらなくなるもので。
かっこいい宇宙船を手に入れる、とか、
高性能の武器を手に入れる、とかですね。

とはいえ一応、ゲーム側が用意したストーリーもありまして、
まず初めは、ゲームに慣れる意味でも、そちらを進めてみることにしました。
チュートリアルというやつですね。

急に知らない星にほっぽり出されて、目が覚めるところから始まります。
そこから、いろんな機能を使いつつ、
自分の宇宙船をさがし、
壊れている機能を修理して、
飛び立つ!
そんな感じですね。

そして2つ目の星、
そこでのんびり宇宙船の燃料の原料を採集したりしていたら、
「基地を作ってみよう」的なミッションへ。
見よ、これが宇宙探索の基地だ!

まぁ・・・小屋ですな。
広大な宇宙の冒険も、まずは小さな一歩から。

星々の中で独り

使わせてもらっているブログのテンプレート的にサムネイルがないとチョットかっこ悪いので、
これといった画像がないと記事を書かないという本末転倒ぶり。

No Man’s Sky(ノーマンズスカイ)、PS4版です。
日本語版の発売日当日に購入しましたが、購入当時は期待外れで、そのまま触っていませんでした。
期待外れ・・・裏を返せば、期待値が高すぎたとでもいいましょうか。

何京(億じゃないですよ、京ですよ)もある惑星を自由に探索するゲームで、
しかも、オンラインだ、と。
各星々はランダム要素でいろんな気候や生態系があり・・・
広大な宇宙の中で、誰かが発見した星があったり、自分が所有する星があったり、
とても低い確率で、他のプレーヤーとの出会いがあったり・・・
MMOの、めちゃめちゃフィールド広い版、みたいなのを想像していたんですな。

まぁそんなことは全然なかったのですが。

まず、誤解を恐れずに言えば、どシングルプレイ、
星も確かに皆違いますが、どれも似たようなもの、
生物も、なんかワープに失敗したときに生まれるクリーチャーみたいなのばかりだし。
ストーリーも、よく言えば哲学的、ですがまぁ、平たくいうと「伝えたいことがよくわからない」。
ようするに、つまらなかったんですね。

おそらく開発者のやりたいことは素晴らしかったのですが、
実装が追いついていないままの発売になってしまったんですな。

あれから数年、
ついぞPS4から消すこともなく、定期的にアップデートはしつつもプレイすることもなく、でしたが、
とあるきっかけで、「また最初からやってみるか」と。

きっかけもスーパーロボット対戦Tのキャプテンハーロックですけどね。
宇宙の海は、俺の海ってやつ。

そうだよ、宇宙だよ、ロマンだよ。
なんかそんなゲームないかな・・・

あぁ、そういえばあったな、ノーマンズスカイ。

そんな感じでした。

結論、非常にブラッシュアップされましたね。
これなら楽しめそう、というのが印象です。

何より、フォトモードが秀逸。
撮っては、悦に入る今日この頃です。

初めて撮ったフォト。
太陽光の調整とかわかっていなかったので、なんか変な写真ですが、
とりあえず空は綺麗。

アーニーボール

今日も趣味の話。
もちろん皆さん、セブのロックダウン(正確にはECQですが、分かりにくいので、どうせこのブログは私の庭ですからロックダウンでいかせていただきます)について興味をお持ちでしょうけれども・・・

まー、何もないです。
何もないことこそが、有難いことですけど。

趣味というか・・・そんな大したものでもないですね、
手遊び、程度にギターを弾きます。

あ、セブの良いところ、ひとつ見つけました。
普通に家でアコギを弾いてても、クレームがない!

まぁ真夜中だろうがテメーの誕生日だからってんで、
打ち上げ花火をぶっ放すような文化ですから、そのへんは大らかなんですね。

「カラオケマシーン買ったんだー!ウチに歌いにおいでよ」
「そうなんだー(えぇぇ・・・)」
みたいな。

さて、そんな何もない日々(もちろん仕事はしてるわけですけれども)なので、
久しぶりにPS4のロックスミスでもやろうかな、とエレキギターを取り出したらですね、
1弦が切れていらっしゃる。

6本ある弦のうち、一番細い弦ですね。
さぁ困りました。
ストックが無い。
時世柄、お店も開いてませんからね。

そんなわけで、余っていた2弦を張りました。
弾いた感じはさほど違和感はないですね。
さすが新品だけ色が違う(笑)

確かそんなギタリストいませんでしたっけ。
パンチ出すために1弦にも2弦を使う、見たいな人。
「BANDやろうぜ」のインタビュー記事とかでありそうな・・・

このように、必要に迫られてイレギュラーなことを試す中で、
新しいものが生まれたりするんじゃないかなと思います。

という無理やりな締め方で。

オーバースペックこそロマン

セブのECQ状態は相変わらず。
現時点では2020年4月28日まで続く見込みだそうです。
気の長い話で。

引き続き、有事に備えて準備は整えつつ、
平常心でいつも通りに過ごしたいと思います。

平常心ということで趣味の話。

「映像研には手を出すな!」のコミックを読んでいたら、
ヒロインの浅草さんというお嬢さんがですね、どこかで見たようなバッグを背負っていらっしゃる。

これ、私も愛用している、
5.11(ファイブイレブン)のラッシュって言う、軍用のバックパックのシリーズっぽいなぁと。
いやぁ、良いご趣味で。

収容量によって3種類ありまして、ラッシュ12、ラッシュ24、ラッシュ72と。
これ容量のリッターではなくて、
12時間の作戦活動向け、
24時間の作戦活動向け、
72時間の作戦活動向け、という、ね、熱いでしょう。
実際の容量は、それぞれ24リットル、33リットル、55リットルです。

浅草さんが背負っているのは、どうでしょう、おそらくラッシュ12でしょうね。
私のはラッシュ24。
24時間戦えますか?No!ですけどね。

まー日常生活で使う分には、ラッシュ12で十分です。
私の場合、これを台湾で買ったんですけど、
https://www.ottgear.com/en
あれです、「店頭で見ると小さく見える」現象(テレビ買う時あるある)で思わずラッシュ24を選んでしまいましたね。
さすがにラッシュ72はね、でかいですよ。
背負ったら亀仙人みたいになりますから。
ミュータントタートルズでもハンマーブロスでも良いですけど。

使用感ですが、さすが軍用。
タフですし、防水性も申し分なしと、そういう類の信頼感はあります。
ただ頑丈さとのトレードオフか、ちょっと硬くて、重い。
重さ、ゴツさを頼もしいと思える、
「Gショックケータイ(懐かし)が刺さった方」にはピッタリでしょう。

ベルクロのメスがついてますから、ここにワッペンを貼ったりしてカスタマイズするのも妙。
使い道のないポケットとか、使い道のない容量とか、
やっぱね、オーバースペックってロマンですからね。

セブっぽい話としては、この5.11、
SMシーサイドにもお店があるんです。
ECQが明けて、新型ウイルスも落ち着く日が来たら、また訪問したいですね。