カタリナ島の広さ。

ふと、MacのOS、壁紙にもなってます「カタリナ」ってどこなんだろう、と思いまして。

調べたら、アメリカのカリフォルニア州にあるサンタカタリナ島という島なんですね。

<<Macのデスクトップ壁紙のサンタカタリナ島>>

私はてっきりあの見た目からして、

どこかの大洋(それも北洋)に浮かぶ無人島、

独自の生態系が特徴的な・・・そんなのを想像していたんですが、

リゾートだったなんて。

ちょっと夢が破れましたね。

さて早速、このサンタカタリナ島の広さをWikiってみました。

182平行キロメートル。

英語版Wikiだと194.2平行キロメートルだったので、

なんで違うのよ・・・という気持ちをグッと抑えて、

東京都八王子市(投稿時点で市町村広さランキング388位)の186.4平行キロメートルと同じと考えてみましょう。

それを、アップルストア銀座(お約束)を中心に、ドン!

<<銀座のアップルストアを中心に186.4平行キロメートルの円>>



おお、結構な広さですね。

西は山手まるっと。

東も荒川までといったところ。

というか、そう考えると八王子って大きいね、という話ですけど。

これで全国380位近辺とは・・・


それでは、今日の豆知識。


新しいMacの壁紙のあの綺麗な島、

サンタカタリナ島って言って、八王子と同じ広さらしいよ。

フォートナイトのフィールドの広さ。

フォートナイト、

下手の横好きですが、面白いですよね。

Switchでたまにプレイしています。

さてこのフォートナイトのフィールド、

文字通り山あり谷あり、街あり砦ありとバラエティに富んだ楽しいフィールドなのですが、

ネットを見ていたらこのフィールドの広さを調べてくれた素敵な人がいて、

その方によると、なんでも、5.44平方キロメートルなんだとか。

それって、広いの?狭いの?

全国の市町村の広さランキング最下位の埼玉県蕨市が5.11平方キロメートルだそうで、

それよりちょっと広い感じですね。

(ちなみに下から二番目の東京都狛江市は6.39平方キロメートルなんだとか)

埼玉県民なら「へぇあのくらい」って感じでしょうけど、

「わぁらび」とか言われてもピンと来ない方も多いことでしょう。

そこで、実際の地図上に任意の面積の円を描くシステムを作ってみました。

若いフリして、渋谷駅を中心に「5.44平方キロメートル」の円をドン!



こんな感じ。

・・・って余計にピンとこないわ。

とはいえ、都内が生活圏の方なら、

北は原宿、南は代官山、

西は山手通、東は表参道ってイメージすると、

なるほど確かにそれっぽいような。

原宿チームと、代官山チームがそれぞれの駅からスタートして、

渋谷駅をを目指して最後の一人になるまでのサバイバルゲーム。

・・・そら面白いですわ。

まぁまずは、このシステムのお披露目といいますか、

こんな感じで色んなですね「東京ドーム○個分とか言われてもねぇ」的な表現のものを、

馴染みのある場所と比較するとどのくらいなのか。

ゼルダの伝説BotWのマップって、実際おらが町と並べてみるとどれくらい広いんだべか?

GTA5のマップって、モデルになったロサンゼルスのリアルな地図と比べてどれくらいなんだべか?

そんなことが分かるという、

刺さる人には刺さるニッチなシステムなんですねぇ。

見せ方も含めて要改善ではありますが、

記事に画像を貼る練習も兼ねて。

結果は言わないで。

海外にいると当然プロレスも観戦にはいけませんから、

試合は動画配信サービスで見るしか無いんですね。

団体によって色々とサービスはあるのでしょうが、

片っ端から加入するワケにもいきませんので、

今のところは「新日本プロレスワールド」だけに入っています。

これとKindleの週刊プロレスで他団体含めて、

情報を入手している感じですね。

ネットの情報はあまり見ません。

ネットだと試合結果がね、

オンデマンド放送を見る前に分かっちゃったりするので。

そう、「新日本プロレスワールド」。

ライブ配信もあるのですが、

私の場合、時間の都合で1日2日、場合によっては1週間遅れで見ることになるので、

試合結果のシャットアウトは大事なのです。

もちろん、結果が分かってしまったからって、試合の価値が下がるわけでは無いですけどね。

メモ程度の記録でも。

書き続けなければならない、

というのも何ですが、

あまりフリーでも結局書かなくなってしまうので、

ひとまずね、どんな事でも書いていこうと思います。

昨日何を食べました、でも良いんでしょうね。

例えば、あまり一般的には知られていない国に滞在している邦人が、

「今朝はコーンフレークとオレンジジュースを食べました」

と書いただけでも、

その国に興味のある人にとっては、

「あぁその国ってコーンフレークとかも手に入るんだ」

とこう、意味のある情報になるかも知れませんから。

「今日はお腹痛い」

でも良いでしょう。

いつかそれが積み重なって、

良い病院を紹介してもらえるかも知れない、とかね。

というわけで今日は、

ちょっと気になっていた「段落」とか「改行」、

これをこの記事で試してます。

シフト+エンターキーで空けられるらしいのだけど・・・

うまく行ってくれればと思います。

カテゴリーもまたいずれ。

ワードプレスで文章を書いてみて、
ここに改行をもう一つ入れたいとか、
一行一行が「段落」っぽいけど大丈夫?とか、
そんな違和感があるのですが、
まだまだ数記事。
書いているうちに何となく分かっていけばよいでしょう。

ブログ自体は、作るのは初めてではないんです。
もう3つも4つも、それ以上作ったと思います。

ちょっとやっては放置、
「もういいや」と削除、
そんなことを繰り返してきましたが、
考えてみると「こうでなければいけない」とこだわり過ぎてきたのも、
続かなかった原因のひとつかも知れません。

数字ひとつにしても、全て半角数字で統一できてないとしっくりこない。
カテゴリーも、最初にブログ全体の先々の構想を考えて、
コレ、コレ、コレと枠にはめないと落ち着かない。
もうね、そんなつまらない縛りを作っては、
わざわざ自分の庭を窮屈にしてきてたなぁ、と。

そんな細かいことより、記事ひ一つでも書く、というのが良いのでしょう。

ということで、カテゴリーもまたいずれ。
記事が増えてきたら、考えますね。

昔話をためらわない。

いざブログを書くにあたって、

さて何を書いたものかと考えるのですが、

悲しいかな、思いつくのは昔話が多いですね。

プロレスひとつとっても、

昔あの大会を観戦したときに、とか、

当時の会場は、とか、そんな話ばかり。

申し訳ないですけどね。

私も若い頃、飲み屋でたまたま隣の席になったオッサンに、

昔話とか聞かされると、そりゃぁ面倒臭かったですもん。

ここでは、それもまた良しとしましょう。

昔話も出し切れば、

あとは現在の話をせざるを得ませんからね。

なるべく「昔は良かった」的なだけの話は避けて、

「へぇそんな事もあったんだね」と受け取って貰えるようにしたいですね。

辛抱強くお付き合いいただければと思います。

こんにちは。

こんにちは。

ここでは、不惑男の日常を記録していこうと思います。

いわゆる「何者」でもない、その辺の一般人です。

ちょっと珍しい所で言えば、東南アジアの国に住んでかれこれ5年以上になります。

隠すつもりも更々ないのですが、そのあたりは追々。

趣味は色々です。

野球観戦とプロレス観戦が好きですね。

お酒も程々に嗜みます。

ゲームも好きですね。

あとは、たまに絵を描いたり、俳句をよんだりしています。

そうそう、情報収集用に始めたツイッターに、気が向くと作品を投稿したりしているのですが、

どんどん流れてしまうイメージがあるので、

そういうアーカイブ的な意味でもここを使っていきたいですね。

背伸びせず、

尖りもせず、

夜中に書いた勢いだけの文章や、

アルコールの入った状態で書いた文章は極力翌日に見直すようにして、

矩を踰えないものにしたい心づもりです。

よろしくお願いします。