ルーティンワーク

朝起きて、
仕事して、
シャワー浴びて、
寝る。

実際のところ、びっくりするくらいこの繰り返しですが、
ふと考えると、コロナ禍がなくても似たようなもんだったり。

あれですね、それでも普段なら、気晴らしにレストラン行ったりバーに行ったりできますが、そういう意味では食べ物もある種ルーティン化してますね。

ここ最近だと、新日本プロレスの興行が観客ありで開催されたのを、新日本ワールド(安い!お得!)で見たり。
いやぁ、ああいう結末をむかえるとは、驚きました。

闘魂ショップのEVILの鎌グッズとか、在庫どうなっちゃうんだろう。
・・・大きなお世話か。

シンプルな考え方

部屋の片付けも、いいかげんネタ切れになってきまして、今日はキッチンの長いこと使っていないミキサーを物置に。

これホントに不思議なもので、「もっと片付けられるものないかな?」という意識を自然と持つようになれました。
まぁいつまで続くのか、はしかみたいなものなのか、今はわかりませんけれど(笑)。
結構影響されやすい人間なので。

極めていくと、「捨てたい中毒」に近い状態になるみたいですね。
結局はバランス、という話になるのでしょう。

ものを整理することで、バットで素振りができる部屋になってます。
巣篭もり生活も、ざっくり100日ですからね。4月5月6月、そして7月ももう10日。
エクササイズも必要ですからね。

ブログデザインを変えてみたり

ちょっとスッキリしたテーマに変更してみました。
おお、これはだいぶスッキリ。

実は変更前のテーマの時に来てくれた方が果たして何名いたんだろ。
お、変わったね、と思ってくれる方が果たして何名いるんだろ。
・・・そんな哀しいことは考えてはいけない。

今日はパワプロ 2020の発売日だそうで、気にはなるんですが、
積みゲーが山盛りですからね・・・

部屋は片付いても、ゲーム機の中は片付かない、
いけませんな。

積みゲーの何が悲しいって、クリアしても「いやー楽しかった」より「よし、消化した!」感が勝ってしまうところですね。
本当はやり込み好きなプレイスタイルのはずなのに、自分を見失うという。

ノーマンズスカイはふとした時にプレイしたくなるので、クリアという概念もないですし。
画期的なゲームですが、なんといってもフォトモードがいいですね。
パシャっとスクリーンショットを撮ったら、あとからカメラの位置や角度を変えたり、太陽の位置やらを変えたりとかできるんです。
「いいな!」と思ったらとりあえずパシャリ、
そこからじっくり、構図やらを考えるというスタイルですね。
これはもう、全てのゲームに搭載して欲しいくらいのモードです。
特に、雰囲気ゲーのカテゴリには。

本の類を捨ててみたり

先日も書きましたが、身軽にしておくに越したことはない、ということで、処分できるものをガシガシとやっつけています。

すっかりニワカなミニマリストです。

・・・というと本格派の方には怒られそうですけど。

ウチは幸い、家のドアの前に出しておくと、いつの間にか片付けてくれるという便利なシステムになっていまして、その辺は良い面は活用しつつ、「いつでも捨てられるし」と油断してまた色々と余計なものを買い込んだりしないように、気をつけたいですね。

もっとも、今は本当にスーパーで売っているようなものしか買えないので、増えるものもそうそうないのですけど。

結構色んなミニマリストやシンプルライフ系の本を読ませていただきましたが、共通するもの中に「ストックを持たない」みたいなのもありまして、平時は確かにな、と思いつつ、今は買い物の自由はおろか、外出の自由すら制限されている状況なので、バランスを取りながらって感じですね。

私的には、消耗品はまぁ良いかな、とか緩くやってます。

全く話は変わりまして、セブ島、というよりセブ市の話。
なにぶん、ロックダウンしているのも、コロナ対策ダメダメの烙印を押されているのも、セブ島(セブ州)というより、セブ市ピンポイントですからね。

セブ市ってどれくらいの広さかな、と思って調べたら、315キロ平方メートル。

日本ですと静岡県の島田市とほぼ同じ広さだそうです。
・・・とこれまたピンポイントなので、先頃、都知事選があったということで都庁を中心に315キロ平方メートルの円を描いてみました。

北は赤羽、南は自由が丘。
西は吉祥寺、東は浅草・・・といった所でしょうか。
広いのかなぁ。

まぁ今、この広さのエリアに住む(人口密度は全然違いますけど)住人の外出が厳しく制限されている状態なのであります。

ミニマリスト

コロナで長いこと外出もままならない状況のセブ市。
さて日本への帰国のチャンスがあったらどうか?と問われると、
まぁ今のところ、私の場合は帰るという選択肢はなさそうです。
行きは良い良いで、帰国したら最後、今度はいつセブに帰ってこれるんだか、
という話でして。

そりゃ仕事の都合もありますが、誰のせいという問題でもなく自分で決めたことですので、しぶとく過ごしたいと思います。

とはいえですね、いつ何が起きても良いように、荷物はまとめてます。
「外国人は3日以内に退去しろ」「どこどこに移りなさい」
とか急に来ても慌てないように、ま、そんな仰々しいものではなく、部屋の掃除も兼ねてって感じで気軽に。

いいもんですね、すっきりするというのは。

そもそも、来たときはスーツケース 1つ、バックパック1つだったわけですから、
まー数年かけて、ものの増えたことといったら!

表題のミニマリストじゃないですが、私のような海外滞在者こそ、それこそ身軽であることも必要というか、ベターなスタイルですよね。

今って、ポジティブに考えると、「ものが入ってこない状態」なわけです。
入ってくるのは、食材といった消耗品だけ。
「買えるけど、我慢する」とは違い、ボーナスステージみたいなもので、
部屋デトックス、ライフスタイルのデトックスのチャンスですねぇ。

やはりもっとこう、この宇宙基地もスマートに行きたいものですな。

ロックダウンと言えど

特に変わりもなく、相変わらずの篭城生活であります。
心配していた外出パスも、タイミングが合えば入手可能ですね。
それにしてもこのパス、デカすぎる。
A4サイズ。
パスというか、書類ですね。

やれやれ、困ったものです。
特にセブ市、
今やアジアでも最悪のレッテルを貼られてしまってますね。
落ち着くのもまだまだ先でしょう。

食糧に関しては今のところ心配はないですが、医療は心配です。
なにせ、病院が受け付けてくれないというのだから。

手術さえすれば助かる、そんな病気であっても、
今のセブ市では、最悪の事態をある程度覚悟しないといけません。

まぁ海外ってだけで、もとからそれなりのリスクはあるとはいえ、
やっぱり「最悪の市」ってのはちょっとね。

部屋で大人しくしてるだけですから、やがて全てが落ち着いた時に、「僕たちはあの危機を乗り切った」なんて自信になる経験でもなし。引き続き、大人しく過ごしてくだけです。

この宇宙スーツがあれば怖いもの無しなんだけどなぁ。
そんなわけで、セブ市在住の皆さん、お互い気をつけていきましょう。